変換が依存して困る!IME辞書を修復する技

| EDIT

ユーザー辞書が原因で正常な変換が行えない。以前の方が検索結果が良かったと感じる。
そんな場合に辞書を修復する機能を活用します。

例)過去に一度、「とうきょうおりんぴっく」を「トウキョウオリンピック」と変換してしまった。
・・・この事件以降、
「東京オリンピック」と変換したくても「トウキョウオリンピック」とでしか変換されない!!

こんな学習結果も余計な変化の依存へと変貌することを経験したことがありませんか?
意外とビギナーには知られていない、改善策を紹介。

【辞書を修復する方法】
※修復には、Office 2007 Service Pack 1 または Office IME 2007 修正プログラム パッケージの
 いずれかをインストールしておく必要があります。
①言語バーの「ツール」をクリックして「プロパティ」を表示する。
②「辞書/学習」タブに切り替えて、「修復」ボタンをクリック。
③ダイアログボックスが表示されたら、「はい」をクリックする。
④修復が完了したら、[OK] をクリック。
⑤「OK」をクリックしてプロパティの表示画面を閉じる。
IME辞書の修復方法
(↑画像はクリックして拡大。②の作業を説明しています。)
続きに、この作業を行う上での重要事項を。

尚、辞書の修復機能を実行すると、学習内容が初期化される可能性大です。
また、ユーザー辞書に問題がある場合、修復処理の過程で登録されている単語の一部が
やむを得ず削除されることがあります。

余裕があれば、修復する前にユーザー辞書をバックアップすることもお勧めします。
参照:ユーザー辞書をバックアップする方法


【その他 IME辞書の関連情報】
Office IME 2007 で入力した文字を漢字に変換できない場合の対処方法へアクセス。

・設定が保存されているファイルをすべて削除する方法
・学習情報を消去する方法
・ユーザー辞書を再構築する方法

今日紹介した方法以外に上記のような方法が掲載されています。
スポンサーサイト

Category: pc-skill 裏技

COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。