【ブラックな話題】懲役30日

| EDIT

凶悪犯罪を繰り返していた連続婦女暴行殺人犯(博史)が逮捕された。

しかし、裁判の判決はたった懲役30日の刑。
死刑を免れ、懲役30日で済むと聞いて喜ぶ博史。

だが、その30日は博史を死刑以上に苦しめることになる。懲役30日


刑務所に着くと初めに怪しい薬を投与された。さらに、酷い扱いも受けた。
「たった30日我慢すれば・・・。」

毎日、拷問の様な仕打ちを受け続け心身共にやつれていった。
そして、限界間際の中 遂に待ちにまった30日目がやってくる。

薄暗い部屋に連れられ電気イスの上に座らせられる。
「そんな甘い話があるか」冷たい言葉が発せられ、電流が流された。

(ここから先は続きで・・・。)

・・・ふと博史が目を覚ますと、そこは刑務所に着いた最初の日。

怪しい薬を投与されて、まだたったの5分しか経ってない!
30日分の地獄を味あわす新しい幻覚剤がその怪しい薬の正体であった。
「よせ!やめろ!」
博史の言葉も届かず次の薬が注射されていく・・・。


・・・こうして、博史にとっての長い30日は終わった。

出所してくる男。
白髪となりミイラの様に痩せこけ、廃人と化した姿は博史である。


【おまけ】
30日=720時間=43200分
43200分÷5分=8640 8640×30日=259200日=720年

→博史はたった30日の中で720年分の地獄を受けたことになる。

世にも奇妙な物語 1998年放送 (改)

スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。